分散投資ってなに?

リスクを抑える方法の一つとして、「分散投資」があります。この分散投資という考え方は「1つのかごに全ての卵を盛るな」という言葉もある通り、古くから資産運用においては、その重要性が認識されていました。
1つのかごに全ての卵を盛ると、そのかごを落としたときに全ての卵が割れてしまいます。いくつかのかごに分けて盛れば、仮に一つのかごを落としてその中の卵が割れても、残りのかごの卵もあるので、全部の卵が割れることにはなりません。
投資の世界でも同様です。例えば、株式を購入したとお考えください。株式は企業業績や市場の需給動向によって大きく価格が変動します。たまたま買った株式が何らかの理由で下落したとすると投資家はその損失を被ります。
一方、2つ以上の銘柄に資金を分散して投資した場合に、ある銘柄が値下がりしても、他の銘柄の利益でカバーすることができ、投資資金全体では収益の安定(=リスクの軽減)を達成することができます。リスクを回避するためには、値動きの異なる資産を組み合わせなければ意味がないことも覚えておきましょう。

※本ページは一般的な投資信託の仕組みや資産運用の方法をお知らせすることを主目的としており、特定の商品もしくは資産形成方法をお知らせするものではありません。皆さまの資産形成に投資信託をご検討いただく場合の一般的な情報提供として掲載しております。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お近くの北陸銀行でお問い合わせ

お近くの店舗をさがす

お電話でのお問い合わせ

投資信託・NISA等のご案内

0120-237420

【受付時間 平日9:00〜17:00】
(但し、銀行休業日を除きます)

お問い合わせ窓口一覧