プロジェクトファイナンス

事業の収益性に基づく資金調達を、当行がサポートします。

ポイント

  • プロジェクトファイナンスは、ある特定の事業を独立した事業体(特別目的会社:SPC)とし、当該事業から生み出される収益(キャッシュフロー)を返済原資とする貸出形態です。

  • SPCを自社と切り離すことで、対象とする事業の収益性に基づく資金調達が可能となります。

  • 主にPFI事業、不動産事業、再生可能エネルギー事業等に活用されています。

代表的なスキーム図

代表的なスキーム図

PFI(Private Finance Initiative)

PFIとは?

民間企業の資金や、経営ノウハウ、技術能力を活用して、公共施設の建設、維持管理、運営などを行う手法です。SPC(Special Purpose Company:特別目的会社)のスポンサーとなるコンソーシアム(ゼネコンなどの企業グループ)が実質的に、公共施設等に対して長期にわたる総合的なサービスを提供することが可能となります。
当行では資金調達の観点から、お客さまのPFIへの取り組みをサポート致します。

スキーム図

従来の公共事業

PFI

SPCは事業の収益力を担保に必要資金の一部を金融機関から借り入れて事業を行います。
国や地方公共団体と金融機関はPFI事業が円滑に遂行されるように直接契約を結びます。
SPCが一括して事業を行うことで、円滑かつ総合的なサービスの提供が可能になります。

不動産ノンリコースローン

不動産ノンリコースローンとは?

不動産ノンリコースローンとは、特定の不動産から生じるキャッシュフローと資産価値を裏付けにして、SPC(特別目的会社)が対象不動産を買収する資金を調達する手段であり、返済原資は対象不動産から生まれるキャッシュフローとなります。

不動産ノンリコースローンのメリット

  • 資金調達手段の多様化
  • 不動産を売却することによる財務のスリム(オフバランス)化
  • 不動産所有リスクの軽減

スキーム図

スキーム図

  • ① 不動産保有者(お客さま)が保有不動産をSPCに売却。
  • ② SPCは売却代金をノンリコースローンや出資にて資金調達。
  • ③ SPCは不動産保有者(お客さま)へ売却代金を支払う。
  • ④ SPCは保有不動産からのキャッシュフローからローンの返済、投資家への配当を実施する。

メガソーラー(ノンリコースローン)

  • メガソーラーとは、出力1メガワット(1000キロワット)以上の大規模な太陽光発電のことです。
  • 平成24年7月1日から開始された再生可能エネルギー特別措置法に基づく固定価格買取制度により、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギー事業を裏付け資産とするファンドスキームの組成が相次いでいます。
  • 当行では、これまでの太陽光発電事業への支援実績・ノウハウを生かし、メガソーラーへの取り組みをサポート致します。

スキーム図

スキーム図

  • ※ご利用に際しましては、所定の審査がございますので、予めご了承ください。
  • ※詳しくはお取引店にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お近くの北陸銀行でお問い合わせ

お近くの店舗をさがす