毎日変わる「純資産総額」と「基準価額」とは?

純資産総額

『純資産総額』はファンドの大きさです。 たとえば、10人の投資家が10万円ずつ投資したとします(1万口あたり1万円のファンドを10口購入)。そのときの合計100万円が、『純資産総額』です。そして、そのお金でファンドマネージャーが株を買い、その株が120万円に値上がりしたとします。このときの純資産総額は、120万円になります。

基準価額

『基準価額』はファンドの値段で、純資産総額を口数で割ったものです。上記の例で最初の純資産総額は100万円ですから、口数の100口(10口×10人分)で割ると基準価額は1万円になります。それが120万円になると、それを100口で割って基準価額は1万2,000円となります。 ファンドの中身の株価や債券価格が毎日変わるため、純資産総額も基準価額も、毎日変わります(土・日・祝日を除く)。『基準価額』は、株式でいう株価のようなものです。

※本ページは一般的な投資信託の仕組みや資産運用の方法をお知らせすることを主目的としており、特定の商品もしくは資産形成方法をお知らせするものではありません。皆さまの資産形成に投資信託をご検討いただく場合の一般的な情報提供として掲載しております。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お近くの北陸銀行でお問い合わせ

お近くの店舗をさがす

お電話でのお問い合わせ

投資信託・NISA等のご案内

0120-237420

【受付時間 平日9:00〜17:00】
(但し、銀行休業日を除きます)

お問い合わせ窓口一覧