そもそも投資信託ってなに?定期預金とどうちがうの?

投資信託は、投資家から集めた資金を一つにまとめ、投資家に代わって、運用の専門家である投信会社が運用する商品(「ファンド」といいます)です。
株式や公社債に投資し、その運用成果に応じて、収益分配をします。投資信託では「元本保証」はありません。

投資信託の特徴

  • 分散して投資します

    多数の銘柄や資産に資金を分散して投資します。
    資金を分散することで、個別銘柄の値動きによる影響を軽減でき、リスク分散が図れます。

  • 少額資金からはじめられます

    投資家の資金を1つにまとめて運用しますので、個々の投資家は少額資金からお気軽に証券投資をはじめられます。

  • バラエティに富んだ商品ラインナップ

    商品によって投資対象、運用方針などが異なり、そのバリエーションはとても豊富です。投資家はその中から自分にあった投資信託(ファンド)を選ぶことができます。

※本ページは一般的な投資信託の仕組みや資産運用の方法をお知らせすることを主目的としており、特定の商品もしくは資産形成方法をお知らせするものではありません。皆さまの資産形成に投資信託をご検討いただく場合の一般的な情報提供として掲載しております。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お近くの北陸銀行でお問い合わせ

お近くの店舗をさがす

お電話でのお問い合わせ

投資信託・NISA等のご案内

0120-237420

【受付時間 平日9:00〜17:00】
(但し、銀行休業日を除きます)

お問い合わせ窓口一覧