将来のお金の不安にそなえたい 万一の場合に備えながら将来の年金についてご自身のお考えやご事情に合わせてご準備できます。

「個人年金保険」は、運用・年金・保険の機能がある商品で、万一の場合に備えながら将来の年金についてご自身のお考えやご事情に合わせてご準備できます。払込方法によって「一時払」のほか「平準払(月払・年払等)」 がございます。

個人年金保険のポイント

  • 資産運用として

    お手持ちの資金、もしくは毎月積み立てた資金を将来に向けてじっくりと運用できます。今後もしインフレになる場合には、資産価値が目減りすることも予想されます。将来に向けて、じっくり運用してみませんか。

  • 年金として

    セカンドライフをゆとりをもって過ごすため、公的資金を補う個人年金を準備してはいかがでしょうか。

  • 保険として

    運用期間中、被保険者の万一の際は、ご家族等の受取人の方に積立金額等が死亡給付金の形で支払われます。契約形態によっては相続において「500万円×法定相続人の数」分が非課税となります。

老後の資金、いくら必要?

安心して老後生活を送るためにも、将来の生活資金の準備をすることが必要です。

老後の生活資金に対して、どのように感じている?

非常に不安 少し不安 たぶん大丈夫 大丈夫 不明
74.3% 8.1% 6.8% 5.1% 3.3%

公益財団法人生命保険文化センター 平成24年度「生命保険に関する全国実態調査」出典

7割以上の方が、老後の生活に不安を感じています。

ゆとりあるセカンドライフを送るためには?

ご夫婦ふたりの老後の生活費は平均で月額28万円(※1)ですが、さらにゆとりある老後を送るために必要と考える生活費はプラス7万円が必要になります。(※2)

ご夫婦ふたりの老後の生活費(※1)

平均月額 約28万円

ゆとりある老後を送るために必要と考える生活費(※2)

平均月額35万円
<プラス7万円>

老後のゆとりのための上乗せ額の使途(上位5項目を抜粋)(※2)

旅行やレジャー 60.3%
趣味や教養 50.1%
日常生活費の充実 49.4%
身内とのつきあい 46.7%
耐久消費財の買い替え 23.7%

※1 総務省 平成24年「家計調査」から推計 出典
※2 公益財団法人生命保険文化センター 平成25年度「生活保障に関する調査」

余裕資金で旅行やレジャーを楽しみたいと思う方が多いようです。
より充実したセカンドライフを送るためにも、ぜひ準備しておきたいものですね。

個人年金も、種類によって保障や特約内容は様々。北陸銀行は、充実したセカンドライフを送るためのベストなプランをご提案いたします。お気軽に窓口までお越し下さい。

北陸銀行の個人年金はこちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

お近くの北陸銀行でお問い合わせ

お近くの店舗をさがす

お電話でのお問い合わせ

生命保険・損害保険のご案内

076-423-7111

【受付時間 平日9:00〜17:00】
(但し、銀行休業日を除きます)

お問い合わせ窓口一覧