海外における資金調達

北陸銀行では、親会社、海外現地法人のニーズに合わせた多様な資金調達手段をご利用いただけます。

海外現地法人の資金調達方法

海外現地法人の資金調達方法としては次の5つの方法があります。

取扱可能な外貨について

当行でご提供可能な外貨は次のとおりです。

主要通貨 米ドル、ユーロ
アジア通貨 人民元、タイバーツ、シンガポールドルなど

ご注意ください

  • アジア通貨については、主要通貨に比べ金融市場での取扱高が少ないため、取り扱いができなくなるケースもございます。
  • 上記以外の外貨の取り扱いについて、あるいは、具体的な内容については、支店担当者までお問い合わせください。
  • お取引にあたっては当行所定の審査が必要です。

投注差について(中国の場合)

  • 中国では現地法人(外商投資企業)が海外から借入を行う場合は地域所轄の外貨管理局に外債登記を行うことが法律で義務付けられており、事前に現地の外貨管理局での認可が必要となります。親子ローンやクロスボーダーローンも外債登記が必要です。
  • 現地法人(外商投資企業)には登録資本金に応じて、一定割合の借り入れ限度枠(額)が定められており、その限度枠を超えての海外からの借入はできません。この借り入れ限度枠(額)のことを投注差とよんでいます。外債登記の際もこの借入限度枠(額)について外貨管理局により審査が行われます。さらに、2016年5月より新たに、純資産ベース管理制度が導入され、2つの管理制度が併存しております。
  • また、中国以外にも外債登記が必要な国(ベトナム等)があり、各国の規制をふまえてご対応頂く必要がございます。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お近くの北陸銀行でお問い合わせ

お近くの店舗をさがす

お電話でのお問い合わせ

預金商品・サービス等のご案内

0120-010985

【受付時間 平日9:00〜17:00】
(但し、銀行休業日を除きます)

お問い合わせ窓口一覧