3つの金融機関が関係してるってホント?

投資信託(ファンド)には、3つの金融機関が関わっています。<販売会社><運用会社><資金を管理する会社>違う会社が関わっていることで、情報はきちんと運用報告書などで報告されます。そのため、投資家は資金の流れや運用実績を公正に把握できます。

販売会社(銀行・証券会社 等)

銀行や証券会社は販売会社です。販売会社は投資家から集めたお金を、運用会社に移します。

運用会社(投資信託会社)

ファンドマネージャーが所属する投資信託会社が運用会社です。○○アセットマネジメント、○○投信投資顧問等。運用会社は信託銀行に預け実際の運用を指図します。

資金管理(信託銀行)

投資家のお金を管理するのが、信託銀行です。運用会社より、運用指示を受けて、信託銀行が実際の売買を行います。

投資信託のお金はあくまで投資家のもの。たとえ証券会社や銀行、信託銀行、運用会社が破綻しても、投資家の資金は信託銀行で別勘定で管理しているので、お金は守られます。いずれの金融機関が破綻しても、大丈夫なのです。

※本ページは一般的な外貨預金の仕組みや資産運用の方法をお知らせすることを主目的としており、特定の商品もしくは資産形成方法をお知らせするものではありません。皆さまの資産形成に外貨預金をご検討いただく場合の一般的な情報提供として掲載しております。

お問い合わせ・ご相談はこちら

お近くの北陸銀行でお問い合わせ

お近くの店舗をさがす

お電話でのお問い合わせ

投資信託・NISA等のご案内

0120-237420

【受付時間 平日9:00〜17:00】
(但し、銀行休業日を除きます)

お問い合わせ窓口一覧