重要なお知らせ

法人向けパソコンサービスの「Windows10」環境における「Windows10 Creators Update」適用後の通信障害について

平成29年4月24日

 以下の法人向けパソコンサービス用ソフトウェアを「Windows10」環境でお使いのお客さまにて通信エラーの事象が発生しておりますのでご案内申し上げます。
 平成29年4月11日(火)よりMicrosoft社から提供が開始されている「Windows10 Creators Update」を適用後に「Windows10 (64ビット版※1)」環境にて銀行との通信時に利用する「ダイヤルアップ接続」が出来ない(エラー633)という事象が発生しております。

※1「Windows10 32ビット版」環境では通信エラーとはなりません。

対象となる法人向けパソコンサービス

ソフトウェア名 メーカー名 銀行との通信
ほっと君A NEXT ㈱NTTデータ四国 電話回線経由
(一般公衆回線、ISDN回線)
OFFICE BANK VALUE ㈱オービックビジネスコンサルタント
OFFICE BANK VALUE
 資金集中管理システム
㈱オービックビジネスコンサルタント
OFFICE BANK 21 ㈱オービックビジネスコンサルタント
OFFICE BANK 21
 資金集中配分サービス
㈱オービックビジネスコンサルタント
コンビニ収納サービス 地銀ネットワークサービス㈱

 原因として「Windows10 Creators Update」が起因となり、「Windows10」環境のダイヤルアップ設定情報が変更され、ダイヤルアップで使用する通信機器(モデム、ターミナルアダプター)を正しく動作させることができなくなっている事が原因と考えられます。
 「Windows10」の販売元であるMicrosoft社からは2017/4/24現在対応更新プログラム等は提供されておらず、現時点の暫定対処としては、上記の不具合がMicrosoft社側で対応されるまでは「Windows10 Creators Update」を可能な限り実施しないことが必要となります。万が一当該アップデートが実施された場合は、以下の手順に従って「Windows10 Creators Update」適用前に戻す必要があります。

Windows10 Creators Update適用前に戻す手順

  1. スタートメニューより「設定」を開きます。
  2. 「更新とセキュリティ」を開きます。
  3. 左メニューの「回復」を選んで、「前のバージョンのWindows10に戻す」項目の「開始する」ボタンを押下します。
  4. 「以前のバージョンに戻す理由をお聞かせください」と表示されるので、適当な理由にチェックを入れ、「次へ」ボタンを押下します。
  5. 「更新プログラムをチェックしますか?」と表示されるので、「チェックしない」ボタンを押下します。
  6. 「知っておくべきこと」と表示されるので、「次へ」ボタンを押下します。
  7. 「ロックアウトされないようにご注意ください」と表示されるので、「次へ」ボタンを押下します。
  8. 「このビルドをお試しいただきありがとうございます」と表示されるので、「以前のビルドに戻す」ボタンを押下します。

ご留意事項

  • 「Windows10 Creators Update」適用後10日以上経過している場合、適用前の状態に戻すことはできません。
  • 「Windows10 Creators Update」適用前に戻した場合、銀行との伝送用に使用していたダイヤルアップエントリー情報が削除されますので、「Windows10 Creators Update」適用前に戻された後にダイヤルアップエントリーの再作成を行う必要があります。
  • 重要なファイルがある場合、「Windows10 Creators Update」適用前に戻す前にバックアップを取得することをお勧めします。

以上