個人のお客さま

受給方法

給付の種類 給付の要件 受取人 受取方法
老齢給付金 加入者が受給開始年齢に達したとき 加入者 年金/一時金
障害給付金 加入者が高度障害になったとき 加入者 年金・一時金の併用
死亡一時金 加入者が死亡したとき 遺族 一時金
(脱退一時金) 確定拠出年金への加入資格がなくなったとき
(国民年金の保険料免除者になる等に限定されます)
加入者
  • 老齢給付金は原則60歳以降に年金または一時金として受け取ることができます。
  • 老齢給付金の受取方法は、60歳以降、受け取る権利ができたときに決めていただきます。
  • 受取は原則として3つの方法からお選びいただけます。
  • また、受け取る際に税金がかかりますが、一定の税制優遇措置がとられています。

受取のスタートは?

受取開始可能年齢

  • 老齢給付金は、60歳到達時点で通算加入者等期間が10年以上経過していれば、60歳から受け取ることができます。
  • ただし、60歳経過時点での通算加入者等算入期間が10年に満たない場合は、その通算加入者等期間に応じて受取可能年齢が60歳から65歳まで繰り下がります。
  • 通算加入者等期間とは、60歳以前の個人型年金及び企業型年金における加入者・運用指図者の期間の合算となります。
  • 老齢給付金の受給開始は、遅くても70歳までにお受取を開始していただくことが必要です。

お問い合わせ・ご相談はこちら

個人のお客さま

北陸銀行確定拠出年金コールセンター

0120-401-806

(携帯電話・PHSからもご利用になれます。)
[受付時間 平日 9:00〜21:00 土日祝日9:00〜17:00]
(GW中及び年末年始を除く)

※コールセンター業務については業務委託先の確定拠出年金サービス株式会社(略称「DCPS」)が対応します。

資料請求はこちら

法人のお客さま

北陸銀行金融サービス部 DCチーム

076-423-7022

[受付時間 平日9:00〜17:00]
(ただし、銀行休業日を除きます)

お近くの北陸銀行でお問い合わせ

お近くの店舗をさがす

お問い合わせ窓口一覧はこちら

お問い合わせ窓口一覧