再生可能エネルギー

当行では再生可能エネルギー分野に対し積極的に支援を行っています。平成24年に固定価格買取制度が開始して以来、小規模なものから大規模なものまで100件以上の組成支援を行っています。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度について

この制度は、太陽光・小水力・風力・バイオマス・地熱発電など再生可能エネルギーによって発電された電気を、長期にわたって電力会社が固定価格で買い取る仕組みです。再生可能エネルギーの導入を促進するため、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」の制定により平成24年7月1日から開始されました。

小水力発電

「水が高いところから低いところへ落ちる時の力を利用して水車を回し、水車と直結した発電機で電気を起こす」のが水力発電です。
北陸銀行は固定価格買取制度の開始当初から情報収集に努め、水力発電への融資対応等に取り組んでいます。

固定価格買取制度(平成29年度)による調達価格と調達期間(平成29年4月現在)
水力 5,000kW以上
30,000kW未満
1,000kW以上
5,000kW未満
200kW以上
1,000kW未満
200kW未満
調達価格 20円+税
※平成29年9月末まで
24円+税
27円+税 29円+税 34円+税
調達期間 20年間 20年間 20年間 20年間

水力発電のメリットとデメリット

メリット
  • 発電時に二酸化炭素を発生しない
  • 燃料費がかからない
  • 太陽光や風力と比較して、安定して発電できる
  • 補助金を使えるケースが多い
デメリット
  • 取水口に溜まるゴミの除去など定期的にメンテナンスが必要
  • 関係する法律が多数ある
  • 生態系に与える影響に注意する
  • 投資の単価が高い

太陽光発電

  • 最も普及が進んでいる再生可能エネルギー事業です。
  • 平成29年度の太陽光発電の買取価格は、20年間固定で21円/kW(税別、設備容量10kW以上 ※2MW以上は入札)となっています。(平成29年4月1日現在)

お問い合わせ・ご相談はこちら

お近くの北陸銀行でお問い合わせ

お近くの店舗をさがす